2018年4月12日木曜日

軽部教授の『関与と越境――日本企業再生の論理』の書評が『組織科学』に掲載されました

お知らせ:軽部教授の『関与と越境――日本企業再生の論理』(有斐閣, 2017年)が、組織学会の学会誌『組織科学』(第51巻3号,2018年3月20日)の書評欄で取り上げられました。



評者は大阪市立大学の吉村典久先生です。
詳細は以下の通りです。
http://www.hakutou.co.jp/book/b356692.html

『関与と越境――日本企業再生の論理』の詳細は以下のページからご覧いただくことができます。
http://hitotsubashiiir.blogspot.jp/2017/04/blog-post.html